2010年3月の記事一覧

中国整体セラピスト養成講座

リラクゼーションや推拿整体を職業とするために必要な知識と技術を習得し、同時に開業に必要なノウハウを学ぶための初級推拿整体セラピストの養成講座です。

当講座では、中国伝統医学の基礎理論から実際の臨床で使える手技までを、徹底した個人指導と実習によって、社会の要請に確実に応えることのできる優秀な人材を送り出すことに努力しています。

推拿整体は、中国伝統医学の基礎理論に基づき経絡や経穴(ツボ)を中心に施術を行うことにより筋肉・腱・膜等の緊張をほぐし、また内臓の働きも活性化させるといった効果が期待できます。

実践的なテクニックを身につけ、希望により卒業後は実際の現場で働く道もあります。

国際中医推拿按摩師の資格を持った指導者により中医学が基本から学べます。

受講の要項

楽楽堂では、以下の2種類の講座をご用意しております。入学の受付は随時行っております。

  1. 初級推拿整体セラピスト養成講座
  2. 中国式フットリフレクソロジスト養成講座

入学資格

純粋に推拿整体セラピストやフットリフレクソロジストになりたい気持ちがあれば年齢、性別、経験は問いません。
国家資格者、開業者、他の学院を卒業の方、初めての方等々幅広い方が受講されてます。

受講について

この講座では、授業時間を予約して受講しますので、受講する方のペースに合わせてご都合の良い時間に受講することができます。
予約時間のキャンセルはお早めにお申し出下さい。
随時開講しておりますので、いつでもお申し込み頂けます。年末年始その他特定休業日以外は年中無休です。

総受講時間

1.初級推拿整体セラピスト養成講座
目安期間
・中医学理論15時間
・実技講習  15時間

2.中国式フットリフレクソロジスト養成講座
・中医学理論 6時間
・実技講習   6時間

申し込み受付日より1年の間に、受講者様のご都合にあわせて受講下さい。また、受講が修了した後でも、希望により全体の復習などを開講しますので随時受講が可能です。(別途お問い合わせ下さい)

受講の詳細

消費税を含んだ料金を表示しております。記載の費用は一括での費用です。
受講料のお支払いは、分割払いも可能です。
両コースとも受講希望の方は割引もございますのでお問い合わせ下さい。 (理論のところは重複しますので一度だけの受講になります。)

初級推拿整体セラピスト養成講座受講料

受 講 料 315,000円
(入学金・教材費・コース修了認定料込み)

  1. 中医基礎理論①・推拿整体総論・全体統一観
    推拿整体実技①・基本手技
  2. 中医基礎理論②・陰陽五行学説
    推拿整体実技②・うつ伏せ・頭部、頚部、肩部の操作
  3. 中医基礎理論③・気、血、津液学説
    推拿整体実技③・腰部、背部の操作
  4. 中医基礎理論④・臓象学説・病因・病機学説
    推拿整体実技④・腕部、背部、腰部の操作
  5. 中医基礎理論⑤・弁証法、体質診断法
    推拿整体実技⑤・脚部、膝部、下肢の操作
  6. 中医基礎理論⑥・基礎解剖学
    推拿整体実技⑥・仰向け・頭部、頚部、腕部の操作
  7. 中医基礎理論⑦・経絡経穴学説①
    推拿整体実技⑦・脚部、膝部、下肢の操作
  8. 中医基礎理論⑧・経絡経穴学説②
    推拿整体実技⑧・全身の操作①
  9. 中医基礎理論⑨・経絡経穴学説③
    推拿整体実技⑨・全身の操作②
  10. 中医基礎理論⑩・経絡経穴学説④
    推拿整体実技⑩・全身の操作③
  11. 中医基礎理論⑪・経絡経穴学説⑤
    推拿整体実技⑪・吸玉①
  12. 中医基礎理論⑫・経絡経穴学説⑥
    推拿整体実技⑫・吸玉②
  13. 中医基礎理論⑬・経絡経穴学説⑦
    推拿整体実技⑬・刮痧①
  14. 中医基礎理論⑭・経絡経穴学説⑧
    推拿整体実技⑭・刮痧②
  15. 中医基礎理論⑮・理論総復習
    推拿整体実技⑮・実技総復習

中国式フットリフレクソロジスト

受 講 料 126,000円
(入学金・教材費・コース修了認定料込み)

  1. 中医基礎理論①・リフレクソロジー総論
    リフレクソロジー実技①・順番・準備の操作
  2. 中医基礎理論②・陰陽五行学説・気、血、津液学説
    リフレクソロジー実技②・足裏部の操作
  3. 中医基礎理論③・臓象学説・病因・病機学説
    リフレクソロジー実技③・足内側部の操作
  4. 中医基礎理論④・弁証法、体質診断法
    リフレクソロジー実技④・足外側部の操作
  5. 中医基礎理論⑤・基礎解剖学
    リフレクソロジー実技⑤・足甲部の操作
  6. 中医基礎理論⑥・診察及び理論総復習
    リフレクソロジー実技⑥・仕上げの操作及び実技総復習

カッサ板(グワシャ板)|通信販売のご案内

カッサ板

カッサ板=天然素材のへら(玉、水牛の角など)を使って肌をこすることで、体内に蓄積された老廃物を押し流し、気血の流れを整えて体全体の機能の活性化を図ります。

滑らかなカッサ板とオイルを使うことで、手でマッサージするより肌へのあたりがやわらかくなりますので、手足や肩はもちろん、肌のデリケートな顔などにも使用できます。(オイルやクリームは別途ご用意下さい。)

→カッサ(グアシャ)とは


翡翠のカッサ板

カッサ板

翡翠は東洋や南米で珍重されてきた宝石で、ヒーリングや解毒の効果があると言われます。

¥3000/一個(送料込み)

お求めはお電話またはFAXにてご連絡下さい。
TEL/FAX 072-623-6789






水牛の角のカッサ板

カッサ板

水牛の角は人間の体と相性が良く、体を温める作用があるとされます。くし状の部分のあるものと無いものをお選び下さい。

¥3000/一個(送料込み)

お求めはお電話またはFAXにてご連絡下さい。
TEL/FAX 072-623-6789

吸い玉器|通信販売のご案内

吸い玉器1

大2個、中6個、小4個と手動式吸引ポンプのセットです
実際に中国で使用されている吸い玉器(真空拔罐器)、製品保証書付。安心・安全なプラスチック製です。

施療院でも実際に使われている吸い玉器で、本格的な治療を家庭で手軽に行えます。

¥15000 ¥12000/一個(送料込み)

お求めはお電話またはFAXにてご連絡下さい。
TEL/FAX 072-623-6789

本製品は、吸い玉を危険なガラスではなくプラスチックにし、手動ポンプで吸引を行うようにしているため吸引力の調節も容易で、ご自宅でもお気軽に使用することができます。

吸い玉による治療は中国を中心に広く行われています。日本にも平安期に伝来して以来、伝統的に行われてきた歴史があります。

吸い玉による施療の詳細は、こちらをご覧下さい。

ご使用の方法

吸い玉器2

吸い玉を使用したい部分に置いて、付属の吸引ポンプで吸着させます。
丁度良い、気持ち良いと感じた時よりも一回多くポンプのハンドルを引いた強さで用います。

気になる部位に吸着させて5分から15分程度そのままにしておいてください。




吸い玉器3

その後に取り外すと、その部位の疲労の度合いに応じて、肌に跡が生じます。この跡は数日から1週間程度で自然に消えますのでご安心ください。

体調に合わせて、適宜使用してください。毎日使用しても問題ありませんが、数日程度の期間をおいて行うのが一般的なようです。

2010年3月29日|コメント:(0)トラックバック:(0) |カテゴリー:吸い玉器通信販売